間違いやすい交通標識

間違いやすい交通標識

交通標識クイズ

皆さん、自動車の免許は持っていますか?


学科試験で、標識の暗記に苦労しましたよね。


今回は、特に間違いやすい交通標識を集めました。

この標識は「最低速度30km」を表している。
この標識は「一方通行」を表している。
この標識は「前方に横断歩道あり」を表している。
この標識は「追い越し禁止」を表している。
この標識は「車両進入禁止」を表している。

解説

第一問

この標識は「最低速度30km」を表している。

正解は「ここから最高速度30km」です。下の赤い矢印は、上の標識がここから開始することを表しています。

この標識、矢印を「以上」の意味だと思った方もいるのでは。下に矢印が付く標識は街中で目にすることが多いので、車を運転することが多い方には簡単な問題でしたね。  

第二問

この標識は「一方通行」を表している。

正解は「左折可」です。「一方通行」の標識は、青い背景に白い矢印で、背景と矢印の色が反対です。

一方通行の標識の方が、左折可の標識よりも圧倒的に目にする機会が多いので、つい間違えてしまいがちですね。学科試験でも定番の問題として知られています。

第三問

この標識は「前方に横断歩道あり」を表している。

正解は「学校・幼稚園・保育所等あり」です。横断歩道の標識にしては、横断歩道があまり強調されていないと思いませんか?

ちなみに「前方に横断歩道あり」の標識は、黄色ではなく青い背景に子どものイラストです。こちらはバッチリ横断歩道が描かれています。

第四問

この標識は「追い越し禁止」を表している。

正解は「追越しのための右側部分はみ出し通行禁止」です。よく見ると、矢印が右にカーブしてますよね。これがはみ出しを表しています。

なお追い越し自体を禁止する場合は、この標識の下に「追い越し禁止」と文字で書いてあります。

第五問

この標識は「車両進入禁止」を表している。

正解は「車両通行止め」です。車両通行止めは、車両の通行が一切できない道路であることを表しています。

一方「車両進入禁止」の標識は、赤い丸に白い横線です。こちらは、車両が一方にしか通行できない道路で、進入できないことを表しています。

車両通行止めでも車両進入禁止でも、通ってはいけないことに変わりはないので、免許を取ってから日が経つと、区別を忘れてしまいがちな標識だと思います。

雑学カテゴリの最新記事